【超おすすめ】チャットレディ経験ゼロの初心者が月10万円稼ぐまでの5ステップ
待機時間減らす

メールレディ(メルレ)副業アプリ「モア(Eazy)」の年齢確認に有効な身分証明書

メールレディアプリであるモア(Eazy)は、精算時の時に身分証明書の提示が必要です。

身分証明書の提示が必要な理由は、①年齢確認のため②本人確認のため③性別確認のためです。

受付可能な身分証明書は以下の7つです。

  • 免許証
  • パスポート
  • 外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証
  • 学生証(大学生、専門学生のみ)
  • 社員証
  • 戸籍謄本

必要な身分証明書は、上記の7つのうちの1つです。

強固なセキュリティで守られているため、身分証明書提示がネット上に公開されることはございません。

プロフィールに記載するニックネーム、年齢、お住まいなどは全て偽装でOKです。

記事本文では、より詳しくモア(Eazy)の身分証明書提示が必要な理由と受付可能な身分証明書について解説します。

メールレディアプリ「モア(Eazy)」の精算時に身分証明書が必要な理由

男性客とメールやチャット(音声通話・ビデオ通話)をするとお金が稼げる副業アプリである「モア(Eazy)」は、

獲得したポイント(報酬)を精算する時に身分証明書の提示が必要です。

身分証明書提示が必要な理由は以下の3つです。

  1. 年齢確認のため
  2. 本人確認のため
  3. 性別確認のため

年齢確認のため

ライブチャット業界は風営法に基づき運営されているため、18歳以上の女性しか働けません。

更に、高校生は不可のサイトがほとんどです。(18歳の高校生でも働けるサイトは、ノンアダルトサイトのライブでゴーゴーです。)

18歳未満、高校生ではないと証明するために、身分証明書が提示が求められます。

本人確認のため

他人がなりすましを行い登録するのを防止のため、本人確認を行う手段として身分証明書提示が必要です。

また、1人が複数アカウントを作って活動する多重登録も禁止されています。

多重登録する人の目的は、登録して1ヶ月は新人キャンペーンが適用されて稼ぎやすい期間のため、

一度サイトを退会して、再度登録して新人期間を狙っていると思いますが、サイト側は多重登録を防止する試みを始めています。

同一サイトでの複数アカウント登録は禁止されていますが、複数ライブチャットサイトの登録はOKです。

稼いでいるチャットレディは、複数ライブチャットサイトに登録して使いこなして、イベント時の稼ぎやすい時を狙ってサイトを使いこなしています。

性別確認のため

メールレディ、テレフォンレディ、チャットレディは女性限定のお仕事です。

男性は登録できません。(男性が登録できるチャットボーイについてはこちら

しかし、男性が女性になりすましを行い、女性のフリをしてお金を稼ぐ人(=サクラ)が急増しました。

なりすまし防止のためにも、身分証明書の確認を行って、女性だと証明する必要がございます。

メールレディアプリ「モア(Eazy)」の年齢確認に有効な身分証明書

モア(Eazy)で年齢確認をするために、有効な身分証明書が決まっています。

受付可能な身分証明書は以下の7つです。

  • 免許証
  • パスポート
  • 外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証
  • 学生証(大学生、専門学生のみ)
  • 社員証
  • 戸籍謄本

必要な身分証明書は、上記の7つのうちの1つです。

メールレディアプリ「モア(Eazy)」で提出した身分証明書はネット上に公開されるの?

結論から申し上げますと、ネット上に公開されることは、絶対にございません。

強固なセキュリティ対策を行っているため、個人情報漏洩の心配もありません。

プロフィール作成時には、身分証明書と異なる名前、年齢、住まいでOKです。本当のことを書く必要はありません。

男性客とのメールやチャットは、全てモア(Eazy)のアプリ内で行われるので、メールアドレスや電話番号を教える必要もございませんので、ご安心して下さい。

まとめ:メールレディ(メルレ)副業アプリ「モア(Eazy)」の年齢確認に有効な身分証明書

モア(Eazy)は登録時にすぐに身分証明書の提示は求められず、稼いだ報酬を精算する時に必要です。

身分証明書を提示しても、ネット上などの外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心して下さい。

登録費無料であるモア(Eazy)の公式サイトをみる

貴重なお時間で、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。現役チャットレディあいでした。またね〜♡

あわせて読みたい